笑顔の男性

気になる加齢臭は早めに撃退|原因を知ってできる対策法

日々の生活を見直そう

婦人

動物性脂肪を控えよう

30歳から40歳にかけての男性が、気になるようになるのが加齢臭です。加齢臭の原因は、分泌された皮脂が酸化することにあります。また、ノネナールと呼ばれる物質が、加齢が原因で分泌されるようになることも原因です。そのため、加齢臭対策を行うためには、皮脂の分泌量を抑えること、皮脂を酸化させないこと、ノネナールを分泌させないことが重要です。この3つを対策を行うためには、食事と運動、生活習慣に気を付ける必要があります。食事で気を付ける点は、動物性脂肪をあまり摂らないことです。食の欧米化により、動物性脂肪の摂取量が増加しています。動物性脂肪は皮脂の分泌量を増加させてしまうため、加齢臭が強くなる原因となります。昔ながらの日本食をメインとすることで、皮脂の分泌量を抑えることができます。

運動不足は匂いの原因

適度な運動をすることにより、加齢臭対策を行うことができます。運動を全くしない方ほど、加齢臭が強い傾向があります。それは運動不足により脂肪酸が燃焼することなく、酸化してしまうことが原因です。脂肪酸を燃焼させることにより、不快な匂いを軽減することができます。また、運動不足の方は、汗にアンモニアなどのアルカリ性物質が多く含まれるようになります。アルカリ性物質は匂いが強いほか、雑菌が繁殖しやすい性質があります。適度に汗をかくようにし、汗を酸性に近づけるようにしましょう。また、生活習慣を見直すことは、非常に有効な加齢臭対策です。特にタバコを吸っている方やストレスを感じている方は、生活習慣を見直すことが重要です。タバコとストレスは活性酵素を活発化させる原因となり、ノネナールを分泌させてしまいます。タバコを止め、ストレスを解消できる生活習慣にすることで、匂いが気にならない体にすることができます。

Copyright© 2016 気になる加齢臭は早めに撃退|原因を知ってできる対策法All Rights Reserved.